札幌の催事お祭りを制覇し、濃い~札幌を体感!!

氷のお城

札幌の催事お祭りを制覇し、濃い~札幌を体感!!

北海道といえば札幌!札幌といえば「札幌雪まつり」!雪まつりといえば日本で知らない人もめずらしい程の北海道が誇る大型祭りですね。でも知ってても実際行ったことのある人は少数だと思います。当サイトをきっかけに札幌のお祭り男、お祭り女子になりましょう!!

札幌雪まつりとは

毎年2月上旬、札幌市内で開催されるイベント。大通公園を始め、市内各地に大小様々な雪像が建造される。特に、陸上自衛隊の製作する雪像は、その規模や完成度から、毎年注目の的となっている。さっぽろ雪まつり(さっぽろゆきまつり、Sapporo Snow Festival)とは、北海道札幌市内の大通公園をはじめとする複数の会場で毎年2月上旬に開催される雪と氷の祭典である。雪で作った大小の像を中心にしたものだが、すすきの会場を中心に氷像(氷彫刻)も展示される。札幌市や札幌商工会議所、市内の企業、団体などから構成される「さっぽろ雪まつり実行委員会」によって企画、運営されている。北海道内のみならず、日本全国や海外からおよそ200万人もの観光客が訪れる、北海道で最も大規模なイベントの一つである。

札幌雪まつりの歴史

雪まつりは、1950年に、地元の中・高校生が6つの雪像を大通公園に設置したことを きっかけに始まりました。雪合戦、雪像展、カーニバル等を合わせて開催、5万人あまりの人出で予想以上の大人気でした。以後、札幌の冬の行事として市民に定着していくことになります。
1953年には、高さ15メートルの大雪像「昇天」がはじめて作られました。1955年には、自衛隊が参加し、大規模な雪像づくりに挑戦。第10回開催の1959年には雪像制作に2,500人が動員、はじめてテレビ、新聞でも紹介され、翌年からは本州からの観光客も増えて大盛況となりました。こうして、札幌の雪まつりから日本の雪まつりへと発展していきました。
1965年、第二会場として真駒内会場を正式に設置。1972年には、冬季オリンピックが札幌で開催、「ようこそ札幌へ」のテーマで雪まつりは世界に知られるようになります。
1974年はオイルショックで試練の雪まつりとなりました。雪はこびトラックのガソリンが手に入らず、雪像の中にドラム缶を入れるなどして乗り切りました。この年から国際雪像コンクールもスタートしました。
1974年以後、瀋陽、アルバータ州、ミュンヘン、シドニー、ポートランドなど札幌とつながりの深い外国地域の雪像が制作され、国際色あふれるイベントとして発展しました。その後、第34回開催の1983年から3番目の会場として「すすきの会場」が登場し、ネオンに輝く氷像が評判を呼び、雪まつりの新たな一面を開拓するとともに、1984年から会期を2日間延長し7日間するなど、世界中の多くの人々に愛されるまつりへと成長を続けてまいりました。
2005年で40年続いた真駒内会場が閉鎖し、2006年から2008年はさとらんど会場を開設、2009年からは第2会場をつどーむ会場とするなど、新たな雪まつりの創出に向け進化しつづけています。

雪まつりの始まり

1950年に札幌観光協会と札幌市の主催によって開催されたのが始まりである。企画には後援者の一員に名を連ねた北海タイムスが深く関与していた。これ以前に札幌には冬の祭がいくつかあったが、第二次世界大戦中に途絶えていた。
雪像を作る祭のアイデアは、小樽市北手宮尋常小学校(現・小樽市立北手宮小学校)が1935年2月にはじめた雪まつりからとられた。
最初のさっぽろ雪まつりでは、市民の雪捨て場となっていた大通公園の7丁目に、札幌市内の中学校2校・高等学校3校の生徒が美術科教諭の指導の下に計6基の雪像を制作した。他に日本国有鉄道(国鉄)札幌鉄道管理局が雪まつりに合わせて、札幌駅前に雪像を作った。
他の催しに歌謡コンクール、タンブリング、スクエアダンス、演芸大会、犬橇レース、スキー仮装行列、映画『銀嶺の果て』上映があった。スクエアダンスは凍った地面で転倒し負傷する人が出て30分で中止になった。映写会もやはり足を滑らせた観客が映写台を押しつぶしてしまい、中止になった。しかし祭は盛況で、翌年以降も継続することになった。

雪まつりの発展

初期の雪まつりで雪像を作るのは札幌の中学校・高等学校の生徒で、数は5、6基であった。はじめのうち雪像は高さ7メートルを限度としていたが、1953年の第4回で北海道札幌伏見高等学校(現・北海道札幌工業高等学校)が高さ15メートルの大雪像『昇天』を制作した。雪の塊を石材のように積んだアーチ状構築物の上に立像を建てたもので、大量の雪が必要であったため市はトラックとブルドーザーを動員して準備にあたった。これは現在のような機械力を用いた大規模な雪像づくりの端緒となった。
1954年の第5回からは市民制作の像が加わった。1955年の第6回には陸上自衛隊、商社、市の出張所が加わり、様々な参加者による多数の像が並ぶスタイルが定着した。しかし高校生による雪像製作は、3年生にとっては受験や就職活動との両立が困難になってきたことから、同回で打ち切られている。
1959年の第10回の頃から雪まつりを目当てに北海道外から訪れる観光客が増え始めた。札幌オリンピックがあった1972年の第23回には世界的に雪まつりが紹介され、これ以降海外からの観光客も目立つようになった。1974年の第25回には折からのオイルショックの影響で雪運搬用のトラックの燃料が十分に確保できず、雪像の中にドラム缶を詰めて乗り切った。
同じ1974年の第25回からは国際親善を目的に、海外都市の派遣による「国際雪像コンクール」が始まっている。第1回の参加はカナダ・アメリカ合衆国・フランス・南ベトナム・大韓民国・日本の6チームで、その後参加チームは増加し、1998年(第49回雪まつり)の第25回コンクールでは20チーム、合計80名もの選手が参加した。
「すすきの氷の祭典」は雪まつり開催に合わせた独自のイベントとして1981年から始まったが、1983年の第3回より雪まつりの会場の一つとして組み込まれている。
1986年の第37回からは、それまで12月上旬から1月上旬まで大通公園を中心に行われていた夜間電飾イベント「ホワイトイルミネーションさっぽろプラザ」(現・さっぽろホワイトイルミネーション)の開催期間が2月の雪まつり閉幕まで延長され、日没後にも雪氷像鑑賞を楽しめるようになった。
1987年の第38回からは原則2月5日から11日までの1週間開催となり、全国ニュースでも大きく取り上げられるようになる。さらにこの時期から、開催中の土曜日や日曜日に特別番組を全国放送する民放テレビ局が出るようになる。
1990年の第41回から中央区の中島公園が第4の会場として加えられたが、1992年の第43回をもって廃止された。3回限りで廃止された要因として、中島公園会場は市民制作の雪像がメインだったため大雪像が少なく、集客力に欠けたことがあげられる。

陸上自衛隊の協力

陸上自衛隊北部方面隊は「夜戦築城訓練」の名目で雪まつりの雪像製作に協力している。陸自が大通公園で雪像製作を最初に行ったのは1955年の第6回で、第101通信大隊(現在の北部方面通信群の前身)が高さ10メートルの聖母マリア像『栄光』を制作した。
1954年に開設された陸上自衛隊真駒内駐屯地では隊員のレクリエーションと(夜戦)築城訓練も兼ねて駐屯地内に雪像を作り、1956年より第7混成団(→第11師団)の隊内で雪像コンクールを行っていたが、1963年には雪まつりに合わせて真駒内駐屯地を一般開放して「真駒内スノーフェスティバル」を催した。これもまた雪像を中心にしたもので、実質的に雪まつりの真駒内会場として機能した。1965年の第16回から真駒内の祭典は正式に雪まつりの一部になった。
以後、人員と機材を持ち年々ノウハウも蓄積した陸上自衛隊は雪像製作の主役となる。後には大雪像のほとんどが陸自の製作か陸自の協力を仰いでの製作になった。
しかし、2001年のテロ対策特別措置法の施行後、陸上自衛隊の協力体制は大きく縮小されることになった。大通公園の大雪像は陸自の担当する数が削減され、長い間親しまれた真駒内会場は2005年の第56回をもって廃止された。
前者の「陸自の担当する数の削減」の理由は、製作の主力となる第11師団の部隊縮小(2008年3月に旅団に改編)で、製作にまわす人的余裕が減ったためである。後者の「真駒内会場の廃止」の理由は、旅団化による規模縮小に加え、アメリカ同時多発テロ以降、不特定多数の人々に駐屯地を開放することがテロへのリスクを高めることにつながるという考えからである。以降、会場への入場希望者に対し事前に審査を行い、問題がない者のみが真駒内会場への入場を許可されるという入場制限制がとられたが、最終的には会場の廃止となった。

現在の雪まつりと課題

現在、札幌市から職員を派遣するとともに市民ボランティアの参加も募って大通会場の一部の大雪像の製作やつどーむ会場の雪像製作、会場運営を行っている。ボランティアは北海道外からの参加も少なくないが、人員の流動性が高く、謝礼(共通ウィズユーカードの配布)を取りやめたこともあって、公募しても定員に達しないなど減少傾向にある。また、雪まつり期間中における札幌市近郊の宿泊施設の料金は1年で一番高く設定するなど、いわゆる「便乗値上げ」も問題になっている。
さらに近年は景気の低迷や地球温暖化などの影響も受けており、1990年代後半に入ると、全国放送されていた特別番組が放送されなくなった。2010年の第61回ではスポンサー減少などの影響で、全会場で展示される氷雪像が前年比で44基減少したほか、札幌テレビ放送(STV)が長年単独で運営していた大通西10丁目会場から撤退し、大通西4丁目会場を読売新聞北海道支社と共同で運営した。

雪像ができるまで

「さっぽろ雪まつり」は、今や国内はもとより世界的に知られる冬の一大イベントです。大通公園、サッポロさとらんど、すすきのの3会場で開催され、総数で300基を超える雪氷像が市民や観光客を楽しませています。雪像の制作は、厳しい寒さの中、1ヵ月余りの期間、屋外という条件下に行われ、足場を組んだ高所の作業など、危険を伴うものです。

工程としては、
1.枠組み~雪をつめ

まず、緻密な設計図と正確な模型が必要で、これをもとにわりだした雪像の大きさに合わせて、材木で枠を組み雪を詰め込んで固めます。

2.枠組みをはずす

詰めた雪が固まったら、足場を残して木の枠を外します。この時はまだ巨大なブロックが出来ただけです。

3.けずり出し

四角いブロック雪を斧やシャベルで削ります。
はじめは荒く削り、次に模型を見ながら細かい彫刻に入っていきます。
昼間は暖気で崩れやすいので、夜にも作業を行います。

4.完成

形が整ったら、足場をはずし、作業途中に積もった雪をはらったり、とけてきたツララをとったり、
すみずみまで点検を終えて、雪まつりの前日にようやく完成します。

家が一軒建てられるくらいの工程で、費用も莫大にかかる芸術品です。本当に、制作者の汗と涙の結晶であると感じます。雪像がどのようにできるかを知った上で見に行くと、感慨もひとしおなのではないでしょうか?

開催会場

現行の会場

大通会場
会場:大通公園(大通西1?12丁目)
最寄駅:札幌市営地下鉄大通駅・東西線西11丁目駅 
雪まつりのメイン会場である。各エリアごとに幅40mほどの大雪像・中雪像1または2基(もしくは氷像)と「市民雪像」と呼ばれる2メートル四方程度の小雪像十数基を見ることができるほか、近年ではスケートリンクや歩くスキーの体験ができるスペースが登場するなど参加型コンテンツも増えている。
大雪像が制作されるのは4丁目~10丁目会場で、1丁目~3丁目は会場下に地下街及び地下駐車場がある為に重量級の大雪像は設置されず、スケート場・氷像・スノーボードジャンプ台がメインの会場となる。
市民雪像制作には札幌市民だけでなく在日米軍三沢基地など国内各地からの参加があり、毎回定数に対し3?4倍の申し込みがある。また11丁目の国際会場では「国際雪像コンクール」が行われ、札幌市の姉妹都市であるアメリカ合衆国ポートランド市をはじめ、各国から参加して技を競っている。
開催直前の完成間近な雪像の見物や閉幕後に行われる雪像解体の見物も人気があるが、これらは来場者数にカウントされない。

すすきの会場

会場:札幌駅前通の南4?7条(期間中は車輌通行止めになる)
最寄駅:南北線(すすきの駅・中島公園駅)・東豊線豊水すすきの駅
詳細は「すすきの氷の祭典」を参照
「すすきの氷の祭典」と呼ばれ、すすきの氷の祭典実行委員会が主催するものだが、雪まつりの会場の一つとして位置付けられている。その名の通り氷像が展示の中心である。料理の飾り付けとして氷や野菜を彫刻する技能を生かした、近隣ホテルの調理人たちの手による作品が多い。

つどーむ会場

会場:札幌コミュニティドーム(つどーむ)
最寄駅:東豊線栄町駅(期間中はシャトルバスも運行)
2009年の第60回からサッポロさとらんど会場より移転。雪まつりの「第2会場」に位置づけられ、主に雪像を見て楽しむ大通会場に対し、実際に雪と触れ合うことができる参加型の会場として子供連れの家族や観光客から人気がある。
雪で作られたすべり台や迷路が設けられるほか、雪だるま作りや雪上ラフティングなどが体験できる。またドームも開放し休憩所とするほか飲食コーナーや遊具などで楽しむことができる。

かつての会場

荒井山会場

会場:荒井山スキー場
1956年の第7回のみ、第2の会場として使用。同スキー場は中央区宮の森に2000年まで存在した民間のスキー場。

中島公園会場

会場:中島公園
最寄駅:南北線中島公園駅
1990年の第41回から大通・すすきの・真駒内に次ぐ第4の会場として加えられたが、1992年の第43回をもって終了。
2005年には真駒内会場に代わる新たな会場の候補となるが、観光バスの駐車スペースが無いなどの理由で選ばれなかった。

真駒内会場

会場:陸上自衛隊真駒内駐屯地
最寄駅:南北線自衛隊前駅
1965年、第2の会場として陸上自衛隊真駒内駐屯地内に会場を設け、陸上自衛隊員が主体となって開催されていた。主に大雪像を見て楽しむことと大雪像のすべり台が目玉。交通の利便性も良く、子供連れの家族や観光客から人気があった。会場内には、ミニSL(ライブスチーム)の乗車施設・映画館・飲食店舗・土産物店が存在したが、2001年のアメリカ同時多発テロを機に、安全管理上の問題を考慮して2005年の第56回をもって終了、41年の歴史に幕を閉じた。

さとらんど会場

会場:サッポロさとらんど(さとの広場、さとらんど交流館)
最寄駅:東豊線環状通東駅よりバス
2006年の第57回から真駒内会場より移転し、市民ボランティアや学生が中心となった運営に変更された。しかし来場者による交通渋滞と駐車場不足が問題となって、2008年の第59回をもって終了、会場をつどーむに変更された。